西村 鵲洞 経歴

昭和十二年栃木県生
本名/西村 和巳

近藤摂南、浅見寛洞、菅原石盧(簑刻)に師事


略 歴 池澤畔蒲(別号、暁鵠)、青山祖燕(謙慎書道会)を経て、

    1964年近藤摂南(新書派協会、帖学派)に師事、楢行革隷調和体を学ぶ。
    1990年浅見寛洞(謙慎書道会、碑学派)に師事、叢書、隷書を学ぶ。

    謙慎書道展、新書派協会展、毎日書道展、読売書法展に役職出陳、日展に出品。


    他方、産経アート展審査会員、新興書道展運営委員・現代書部審査長、

    新書派協会常務理事・関東組織部長、特定非営利活動法人国際架橋書会副会長・顧問、

    豊島区書道会副理事長・副会長、国際書画連盟副理事長を歴任。

受賞歴 日展(漢字・調和体の二部門入選)。内閣総理大臣賞(現代日本書家協会)、

    文部科学大臣賞(国際架橋書会)、総務大臣賞(同) 受賞。

表 彰 栃木市特別功労者、豊島区文化行政 表彰。


現 在 吉兆書芸院会長
    国際書画連盟常任顧問
    現代日本書家協会理事長
    書友会参与
    中国書法学院客員教授

©2019 西村鵲洞. All Rights Reserved.